カテゴリ:旅( 35 )

桃山に続く・・・みかん山

2010年8月1日(日)晴れ
【和歌山県・有田郡湯浅町】
e0119120_14454557.jpg

緑色のバレンシアオレンジ。
色は緑でも・・・完熟。

「回青現象」というバレンシアオレンジの不思議。
初夏の高温時に、強い日差しを浴びると・・・。
皮の色がオレンジ色から、緑色に戻ってしまうんです。

オレンジと言えば、オレンジ色のイメージ。
緑色というだけで、酸っぱいんじゃないかな?なんて(笑)
中身は、しっかりオレンジ色です。
e0119120_15102680.jpg

和歌山県有田郡湯浅町。
みかん山と海に囲まれたこの町は、みかんの他にも、
しらす・お醤油・金山寺みそなどでも有名な町。

冬には、うんしゅうみかんや三宝柑などの無人販売が、
たくさん見られます。
[PR]
by miitancafe2007 | 2010-08-01 00:00 |

桃を求めて・・・いざ、桃源郷へ!

2010年7月31日(土)晴れ
【和歌山県・桃山町】
e0119120_20142517.jpg

ふと思い立ち、桃を求めて桃源郷へ・・・。
そこは、和歌山県紀ノ川市桃山町。

「あら川の桃」の産地である桃山町は、
桃山という名前のとおり、桃の木がいっぱい。
桃の木の間を縫うようにある道沿いには、桃屋さんがいっぱい。
今が旬の桃が、街の中いっぱいあふれています。


美味しそうな桃がいっぱいで、テンションはあがりっぱなし。
あれも作ろう、これも作ろう!と、
大量(17個)の桃を買い求めました。
白鳳系品種(写真)と、白桃系品種(清水白桃)。
もちろん、そのままでもたくさんいただく予定♪


桃山町といえば・・・。
幼い頃に住んでいたのも、桃山町(京都市伏見区桃山町)でした。
そこで、桃の木を見た記憶はありません。
住んでいたところは、安土桃山時代に関連する桃山町ですが、
歴史が苦手で桃が好きなわたしには、桃の木山の方が向いているようです(笑)

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-07-31 23:59 |

風が止まず・・・

【湖畔】
e0119120_983379.jpg

風にゆられる水面。
ゆらゆら鏡に、逆さ富士。
うまく映らず・・・。

昔五千円札、今千円札。

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-05-10 00:00 |

色鮮やかに

【菜の花】
e0119120_7281799.jpg

大きな道路から少し離れてみると・・・

菜の花畑が、ありました。

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-05-03 10:30 |

狙った獲物は大きくて・・・

【こいのぼり】
e0119120_16103473.jpg

こいのぼりと・・・

狙った獲物は、大きすぎ。


e0119120_9222344.jpg

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-05-03 09:30 |

少し遅れて、四分咲き

【芝桜】
e0119120_1012144.jpg

寒かった今年の4月。
晴れて暖かさを取り戻すも、四分咲き。

今年のじゅうたんは、少しさみしい。

e0119120_926056.jpg

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-05-03 08:00 |

辛さと甘さの街へ・・・ ~SEOUL その10:ありがとう~

【2泊3日のSEOUL】
e0119120_15591350.jpg
3月7~9日の2泊3日のソウル旅。
早朝に出発して、夜の帰国。
お天気にも恵まれ3日間、めいっぱい楽しむことが出来ました♪

Mおばちゃんには、ごちそうになりっぱなし。
M姉ちゃんには、下調べに始まり何から何までお世話になりっぱなし。
N姉ちゃんとは、同じ部屋でしゃべりっぱなし。
お陰でほんとうに楽しい&美味しい旅行となりました。
どうもありがとう~♪

帰国した関空のトラムでは、学生時代の友人とバッタリ☆
同じ飛行機で帰国なんて偶然にビックリ!
いつも以上に、ゆるゆるの顔をしていたのでお恥ずかしい^^;


帰宅後はM姉ちゃんと、まだ行き足らないよね~
もっと行きたいよね~
なんて、メールをしているんですけれど・・・(笑)
おまけに、韓国料理ばかり作ったりなんかして。

また、どこかへ行きましょうね♪

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-03-09 14:00 |

辛さと甘さの街へ・・・ ~SEOUL その9:市場は面白い~

【お店いろいろ】
お祝いの綺麗な食べ物の他にも、美味しそうなものがたくさんありました。
e0119120_11482658.jpg
キムチ屋さんの店頭には、日本では見たこともない種類のキムチ。
日本でもお馴染みの白菜キムチ(ベチュキムチ)・だいこんキムチ(カクトゥギ)。
せりのキムチ(ミナリキムチ)・山くらげのキムチ(サンヘパリキムチ)・トラジキムチなど。
見ているだけで、ごはんがすすみそうです^^;

e0119120_1148455.jpg

カンジャンケジャン、レモンに使っているので、
見た目が、とてもさっぱりとしてそうです。

e0119120_10262036.jpg
魚屋さんには、お馴染みの魚や見たことの無い魚などが。
並べ方は縦に並べてありました。
ケンミンショウ(TV番組)によると、縦に並べるのは西日本とのこと。
パックに詰められた魚より新鮮☆ イキイキとしていて美味しそうです♪

e0119120_1255037.jpg
鮮魚店の他にも、干物店もありました。
この魚はあちらこちらで目にしたものの、何かわかりませんでした。
残念ながら、何に使われるものかもわかりません。

e0119120_1029121.jpg
八百屋さんに並ぶ野菜には、見たことのないものがたくさんありました。
2日目にいただいたサムギョプサルにも、十数種類の巻き野菜が付いてきましたが、
美味しいものの他に、薬草っぽいもの・苦味の強いものなど、アタリもいくつか。
きっとこの野菜の中にも、アタリがあるはず^^
サニーレタスなども、一枚一枚丁寧に剥がしたものを束ねられて販売されています。
緑屋さんというくらいに、緑色がいっぱいです。

日本だと不足がちな外食の際の野菜も、韓国では不足する心配が無いくらいに、たっぷりと供されます。
市場に並ぶ野菜や野菜を使った保存食やお惣菜の種類からして、食の彩りを大切にされていることがうかがえます。

e0119120_1647091.jpg
そろそろ帰国準備。
ホテルでの待ち合わせ時間になったので、名残惜しくも市場を後にしました・・・

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-03-09 13:30 |

辛さと甘さの街へ・・・ ~SEOUL その8:お祝い行事品~

【行事食】
おなかいっぱいいただいた後、再び市場を散策。
婚礼の際のお品で、*幣帛(ベベッ)と呼ばれるもののお店にて・・・。
*日本の幣帛(へいはく)とは、別のものです。

新婦がベベッを実家から持参し、新郎の両親にあいさつをするとのこと。
e0119120_17141018.jpg

おしどりでしょうか?韓国も日本も同じですね。
するめいかで細工がされていて、とても美しい仕上げ。
e0119120_17142642.jpg

干したなつめの中に、松の実を詰めたものをびっしりと並べてあります。
その上には、するめいかの細工。

e0119120_17144191.jpg

くるみやぎんなん、干したなつめなどを隙間無く綺麗に並べられています。

これらを並べた膳を囲んで新婦は新郎の両親に挨拶をし、
挨拶を受けた両親は、干しなつめを投げて祝福するという習わしがあるそうです。

ひとつひとつが、とても丁寧に作られていました。


市場には、まだまだ色々ありました・・・

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-03-09 12:30 |

辛さと甘さの街へ・・・ ~SEOUL その7:市場ごはん~

【市場でごはん】
どのお店にしようかと市場内を散策して決めたのは、麦ピビンバ。
積まれたたっぷり野菜が、とても魅力的だったのです。
e0119120_1142124.jpg

麦ピビンパ(ポリパプ)は、麦ごはんにコチュジャンなどを入れて味付け。
その上には、菜摘みをするかのように?
たっぷりの野菜とナムルを入れて、はさみでザクザクと切って供されます。
e0119120_11432931.jpg

麦ご飯を入れてもらった後に自分で菜摘みをして、好みのピビンバに仕上げても良いですし、
追加で野菜を加えても良いようです。
e0119120_1193012.jpg
(写真左:混ぜ前・右:混ぜ後)

野菜とナムルと麦ごはんをしっかりと混ぜ混ぜしていただきます。
言葉が全くわからないので、今回はお店の方に仕上げていただいたものをそのままいただきましたが、次回は少し自分でもアレンジしてみたいと思います。
e0119120_11391557.jpg

豆もやしのナムルがとても美味しかったので、次回は少し多めにしたいな^^;
お野菜たっぷりで、ものすごい量だったのですが完食しました。

屋台の長いすだったのですが・・・驚くことに電気いす?
温かい長いすで、落ち着かないと思いがちな屋台なのに、ほっこりとしました。

e0119120_10115156.jpg

お腹はかなりいっぱいなのに・・・見ているとどうしても食べたくなってしまった、
ピンデットッという、韓国風お好み焼き。
試食をいただいて、あまりの美味しさにビックリ!
チヂミに似ていますが、ピンデットッには粉類が入らず。
水で戻した緑豆を石臼ですりつぶした(写真:右)ものを生地とし野菜類を入れ、
油の中で泳がすように、かつ広げながら焼いています。
e0119120_1158729.jpg

ピンデットッのお店と石臼はセットになっているかのように、お店には必ずありました。
目の前で常時緑豆を水で戻し、すりつぶしては、生地に仕上げ焼いてゆく。
大きなたらいで生地を作られるのですが、焼いても焼いてもすぐに無くなるので、忙しそうでした。
調理中を見ていると油っこそうに思えるのですが、玉ねぎ入りの酢醤油でいただくピンデットッは、サクサクとして美味しく、胃もたれもしません。

食後だったので、小さな1枚を注文したのですが、いただいている途中のお皿の中へ、どんどん追加してくださって・・・
おまけのキムチやおそうざいも、どんどんお皿に乗ってゆきました。
最後には、大きな1枚を食べやすい大きさにカットして乗せたお皿を追加で出してくださいました。
流石に大きな1枚をいただくのは無理そうだったので、手をつけずにお腹いっぱいの合図をして、ごちそうさま。
おまけの方が、多い結果となりました。^^;

食後も、市場を散策です・・・

[PR]
by miitancafe2007 | 2010-03-09 12:00 |


お菓子の寺子屋         ~お菓子な♪みーたんCafe~               HN:miho(みーたん)                               


by miitancafe2007

プロフィールを見る
画像一覧

**お菓子と保存食の教室**

お菓子の寺子屋 手づくり塾  *京都・関西のお菓子教室*
楽しみながら、美味しいお菓子を作りませんか?
 ◇洋菓子塾
 ◇ロールケーキ塾



メール055.gifアドレスmiitancafe2007@excite.co.jp


Copyright©2007-2013
お菓子と日々の愉しみごと  
お菓子の寺子屋 ~お菓子な♪みーたんcafé~
All Rights Reserved


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




カテゴリ

全体
季節のもの(保存食など)
手作りのお菓子
講習会・販売情報
お菓子便
ごはんとおかず
みーたんCafé
パン
かんたん
小さなお菓子教室
勉強会
おそとのお菓子
おそとのパン・ごはん
道具と材料
お菓子のイラスト
いただいたもの
つれづれ
ざっか
Paris

Kyoto
モニター
ごあいさつ
***

フォロー中のブログ

裏口
ばーさんがじーさんに作る食卓
vie naturell...
deli tora to...
ありがとう 人生!~me...
ジロールのお弁当 
おいしい田舎から...d...
お菓子で綴る日々 
京都グルメタクシー
nonnon's story
ほっこリ日記
ぎん工房
usa cafe
ゆる~りえ
*春夏秋冬*
nag
あったか二人ごはん。たま...
Bon appetit!
goût céleste*
プティクロ  peti...
今日のスイーツ、なに?
お菓子教室 お菓子の寺子...
ぴよぴよ日記
un autre ♪ちぃ...
alphabet note
かぼすちゃんとおさんぽ。
おかしな生活
手仕事市・季節のふきよせ
よく晴れた雨の日に。
◆ キョウモドコカデチド...
日々の服
bloomy*
les gâteaux ...
from MB in SD
寝起きのパリジェンヌ ~...
Baking Daily...

外部リンク

タグ

(259)
(225)
(106)
(97)
(69)
(56)
(52)
(48)
(39)
(36)
(28)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
スイーツ

画像一覧